ホーム »» 速読について
速読について
Information速読について速読の習得方法は?
 速読とは、読んで字のごとく、文字通りに文章を速く読むことです。
ただし、飛ばし読みや斜め読みとは違って、内容の理解度や記憶を減らさずに読みます。
読解力は今まで読んでいたときと変わりません。

どれぐらいまでのスピードが可能かというと、一概に言えませんが、私(管理人)で、1ヶ月間コツコツとトレーニングし、当初1分間に650文字程度でしたが、読解力は変わらずに6000文字を読めるようになりました。
もちろん、今はトレーニングを続け1分間で8500文字程度でしたら読むことが可能です。
数秒で一冊の本を読むなどの超能力まがいのものでもありません。

私が今まででお会いした方で一番速かった方で、速読速度は50000文字/分です。
速読教室の無料体験レッスン時に、絶対に読んだことがないだろうという本を先生に渡し試した結果です。
その先生は1ページ1秒のペースで読まれてました。
ただ、専門書などの難しい本を読んでいただいた時は、スピードが落ちて12000文字/分でした。
これは1ページ3~4秒ぐらいのペースです。

やはり専門書など、難しい書籍は理解力が通常の本より必要ですしイメージしにくいのでスピードは落ちるようです。
落ちると言っても、とんでもない速さですけど。

では、どうやって読書スピードを上げてるのでしょうか。
速読をできる人の中には「ページを開いた瞬間、絵を見るように内容が飛び込んでくる」と言う方もいらっしゃるようですが、 私はそんなことが自分にできるとは思っていません。
もともと私が理論的な人間なので、分かり易い理にかなった説明でしか納得しません。

では、私はどのようにしてスピードを上げていったのでしょうか。

次の「速読の習得方法は?」のページでご説明します。